スピード決済ツール装着スマートキーケース

スピード決済ツール3種類の特徴を徹底比較!スマートキーケースを利用してスマートなお支払いを

車を運転するのであれば、所有しておきたい『スピード決済ツール』。

キーホルダー型になっていて、クレジットカードや現金を出さなくても給油の注文やお支払いができますので、とても便利なアイテムです。

スマートキーケースにスマートキーと一緒につけておけば、とてもおしゃれなアイテムになりますよ。

ここではスピード決済ツールの特徴についてご紹介していきます。

スピード決済ツール3種類の特徴を徹底比較!

スピード決済ツール利用上限ポイント
EneKey(エネキー) ※ENEOS15,000円(給油の場合)※1日4回までTポイント
DrivePay(ドライブペイ) ※全国のapollostation・出光SS・シェルSS14,990円(給油の場合) ※1日4回まで(1日5回以上使用したい場合、解除可能)楽天ポイント・Pontaポイント
Shell EasyPay(シェル イージーペイ) ※全国のシェルSSや出光SS、apollostation及び一部のフルサービスステーション14,990円(給油の場合)※1日4回まで(1日5回以上使用したい場合、解除可能)楽天ポイント・Pontaポイント ※Pontaクレジットを保有していればお得に!  

スピード決済ツールとは、とてもスマートなICキーホルダーで、給油の際に読み取り機にかざすだけで給油の注文やお支払いができるといった便利な決済ツールです。

ツールをもって車を降りたら、あとは読み取り機にかざすだけで、お財布やクレジットカードを用意する必要はありません。

スマートキーといっしょにスマートキーケースに装着しておけば、とても便利なアイテムになります。

車を運転する方なら、ひとつは持っておきたいですよね。

ここでは、3種類あるスピード決済ツールの特徴についてお伝えしていきます。

EneKey(エネキー:ENEOS)

ENEOS
EneKey
  • お手持ちのクレジットカードでも決済が可能
  • EneKey(エネキー)をリーダーにタッチすれば決済完了
  • スマートキーケースに付けられるキーホルダータイプ
  • 200円に1ポイント『Tポイント』が貯まる
  • 入会金や年会費は無料
  • 万が一のときも安心!紛失・盗難補償あり

EneKey(エネキー)』とは、ENEOSのガソリンスタンドで使えるスピード決済ツール。

キーホルダー型になっており、サッと取り出して決済することができるため、財布からお金やクレジットカードを取り出す必要はありません。

EneKey(エネキー)の特徴についてご紹介しましょう。

お手持ちのクレジットカードでも決済が可能

クレジットカードをお持ちの方でしたら、EneKey(エネキー)に紐づけすればすぐにスマートな決済が可能となります。

登録できるカードは、

  • ENEOSカード(C/P/S/NICOS/CB)、シナジーカード
  • 特別提携カード(JALカード、ANAカード、楽天カードなど)
  • 一般提携カード(ENEOS BUSINESS Ⅱ・EMGコーポレート)

クレジットカードの新規手続きは不要で、わずらわしい審査なく発行できます。

EneKeyをリーダーにタッチすれば決済完了

決済はEneKey(エネキー)をサッと取り出して、リーダーにタッチするだけ!

財布を出す手間はなく、クレジットカードを取り出す必要もありません。

もちろん決済は給油だけではなく、オイルやタイヤ、洗車、メンテナンスなどでも利用可能。

一度持ってしまえば、もうドライブには手放せないツールになるはずです。

スマートキーケースに付けられるキーホルダータイプ

EneKey(エネキー)は、持ち運び便利なキーホルダー型。

車のスマートキーや家のカギなどと一緒にスマートキーケースに付けておくことができます。

取り出しやすく、スマートキーケースに付けておけるのは便利ですよね。

200円に1ポイント『Tポイント』が貯まる

EneKey(エネキー)にはTポイントカードを紐づけすることができますので、ワンタッチ決済と同時にTポイントを貯めることができます。

しかも給油だけではなく、オイルやタイヤ交換などの決済でもTポイントをしっかり付与してもらえます。

もちろん、貯まったTポイントはEneKey(エネキー)利用時に利用することも可能です。

入会金・年会費は無料

入会金や年会費は無料!

気軽に申し込んで利用することができます。

万が一のときも安心!紛失・盗難補償あり

EneKey(エネキー)には入会と同時に紛失・盗難補償が付いています。

もしも落としたり、盗まれたりした場合でも、連絡した日の60日前から3日後の損害については、60万円を限度に補償してもらうことが可能です。

安心して利用できますね!

DrivePay(ドライブペイ:出光興産)

出光
DrivePay
  • サッと取り出してスピーディーに決済
  • クレジットカードがあればその場でスピード発行
  • 楽天ポイント・Pontaポイントがどんどん貯まる
  • 全国のapollostation・出光SS・シェルSSで利用可能
  • 入会金や年会費は無料
  • 紛失・盗難補償あり

DrivePay(ドライブペイ)』は、全国のapollostation(アポロステーション)・出光SS・シェルSSで使えるスピード決済ツール。

便利なキーホルダー型となっており、クレジットカードをお持ちであれば、その場でスピード発行が可能です。

DrivePay(ドライブペイ)の特徴についてご紹介しましょう。

サッと取り出してスピーディーに決済

DrivePay(ドライブペイ)の使い方は、とてもカンタン!

リーダーにキーホルダー型のDrivePay(ドライブペイ)をかざすだけで決済完了。

もちろん、給油だけではなくタイヤ交換、洗車、オイル交換など、すべてのサービスに利用可能です。

全国のapollostation(アポロステーション)・出光SS・シェルSSで使えますから、ガソリンスタンド探しをすることなく使えますね。

クレジットカードがあればその場でスピード発行

DrivePayはお持ちのクレジットカードと免許証があれば、ほんのわずかな時間だけで発行完了、その日から利用することができます。

楽天ポイントカードやPontaカード(クレジットカード一体型も可)も持っていれば、その場で紐づけでき、決済時にポイントを貰うこともできますよ。

楽天ポイント・Pontaポイントがどんどん貯まる

DrivePayには、楽天ポイントカードまたはPontaカードを登録でき、2リットル給油ごとに1ポイント貯めることができます。

給油においてDrivePay(ドライブペイ)でワンタッチ決済すれば、自動的にポイントが貯まっていきますので、とてもお得です。

ポイントは「1ポイント=1円」として決済で利用することも可能です。

全国のapollostation・出光SS・シェルSSで利用可能

DrivePay(ドライブペイ)は、取扱いのある全国のapollostation・出光SS・シェルSSで使えます。

出光興産と昭和シェルは経営統合し、出光SS・シェルSSは『apollostation(アポロステーション)』として生まれ変わっています。

幅広い地域、店舗で利用できますから、ガソリンスタンド探しで困ることもありません。

入会金・年会費は無料

入会金や年会費は無料で、登録手数料や発行手数料なども不要となっています。

申し込んだその日から利用できますので、とてもお得で便利ですよね。

紛失・盗難補償あり

DrivePay(ドライブペイ)には、紛失・盗難補償も付いています。

もしも盗難にあったり、紛失してしまったりした場合でも、24時間・365日体制のDrivePay(ドライブペイ)コールセンターへ連絡するだけ。

届出日の前60日、後3日の間に不正利用があった場合には、その被害額をしっかりと補償してもらえますので安心してお使いいただけます。

Shell EasyPay(シェル イージーペイ:昭和シェル)

昭和シェル
EasyPay
  • Shell EasyPay(シェル イージーペイ)をかざすだけで簡単決済
  • お手持ちのクレジットカードがあればその場で発行、利用ができる
  • 全国のシェルSSや出光SS、apollostation(アポロステーション)で利用可能
  • 楽天ポイント・Pontaポイントが貯まる・使える
  • 入会金や年会費は無料なのでお得
  • 紛失や盗難補償あり

Shell EasyPay(シェル イージーペイ)』は、全国のシェルSSや出光SS、apollostation(アポロステーション)および一部のフルサービスステーションで使えるスピード決済ツール。

キーホルダー型のスマートなICキーホルダーで、ガソリンや軽油などの決済はもちろんのこと、灯油やエンジンオイル、タイヤなどの決済にも使用可能です。

Shell EasyPay(シェル イージーペイ)の特徴をご紹介しましょう。

Shell EasyPayをかざすだけで簡単決済

Shell EasyPay(シェル イージーペイ)はキーホルダー型のIC決済ツールで、クレジットカードに紐づけされていますので、リーダーにかざすだけで簡単に支払いすることができます。

小さなキーホルダー型になっていますので、スマートキーケースに付けておけば、財布を持たずに決済が可能なのです。

もちろん、ガソリンの給油だけではなく、灯油の購入やタイヤ交換、カー用品の支払いにも利用できますので、とても便利なツールでしょう。

お手持ちのクレジットカードがあればその場で発行、利用ができる

Shell EasyPay(シェル イージーペイ)は、セルフサービスステーションの店頭で申込ができ、クレジットカード・免許証をお持ちであれば、その場で発行することができます。

わずらわしい審査もなく、発行後はその日から利用することもできます。

全国のシェルSSや出光SS、apollostationで利用可能

Shell EasyPay(シェル イージーペイ)は、全国のシェルSSや出光SS、apollostation(アポロステーション)および一部のフルサービスステーションで使えます。

出光興産と昭和シェルは経営統合し、シェルSSや出光SSの相互乗り入れが可能となりましたので、とても幅広い地域、店舗で利用できるようになりました。

楽天ポイント・Pontaポイントが貯まる・使える

楽天ポイントPontaカードを所有していれば2リットル給油で1ポイント貯めることができ、しかも1ポイントを1円相当で支払いに活用することもできます。

さらに、Pontaクレジットカードを紐づけしているのであれば、給油2リットルでPontaポイントが4ポイント貯めることができるのです。

全国のシェルSSや出光SS、apollostation(アポロステーション)で年1回利用していれば、2年目以降の年会費に支払いも不要となりますので、実質年会費も無料になるのです。

入会金や年会費は無料なのでお得

もちろん入会金も年会費もすべて無料で、手数料など追加料金も必要ありません。

紛失や盗難補償あり

もし紛失や盗難にあった場合でも、24時間365日体制のShell EasyPay(シェル イージーペイ)コールセンターに連絡すれば、届出日の60日前、3日後の損害については、60万円を限度に補償してもらうことが可能です。

スピード決済ツールはどれが一番いいの?

スピード決済ツール装着スマートキーケース

スピード決済ツールは、基本的には自分自身がよく活用するガソリンスタンドのツールを契約することになるでしょう。ただ、できれば今回ご紹介した複数のツール、もしくは3種類すべて契約して所有しておくことをおすすめします。

例えば、ENEOSの発行しているEneKey(エネキー)だけ所有している場合、「つぎにENEOSを見つけたら給油しておこう」と考えるのではないでしょうか。

そうなると、ENEOSだけしか給油したくない、できない状況になってしまい、すぐに見つからない場合にはストレスになってしまいます。

スピード決済ツールは、基本的には自分自身がよく活用するガソリンスタンドのツールを契約することになるでしょう。

しかし、ENEOSの発行しているEneKey(エネキー)だけ所有している場合、「つぎにENEOSを見つけたら給油しておこう」と考えるのではないでしょうか。

そうなると、ENEOSだけしか給油したくない、できない状況になってしまい、すぐに見つからない場合にはストレスになってしまいます。

そのため、できれば今回ご紹介した複数のツールを契約して所有しておくことをおすすめします。

おすすめの所有の仕方は…

  • EneKey(エネキー)+DrivePay(ドライブペイ)
  • EneKey(エネキー)+Shell EasyPay(シェル イージーペイ)

の2種類の方法です。

出光興産と昭和シェルは経営統合し、DrivePay(ドライブペイ)とShell EasyPay(シェル イージーペイ)は、相互に利用できるようになりました。

そのため、DrivePay(ドライブペイ)とShell EasyPay(シェル イージーペイ)は、いずれかの所有でいいでしょう。

ただ、Shell EasyPay(シェル イージーペイ)では、Pontaクレジットカードを保有していれば、

  • 給油2リットルにつき4ポイント貯まる
  • Pontaポイントが2重取りできる
  • どこでもクレジット支払いでPontaポイントが貯まる
  • Shell EasyPay(シェル イージーペイ)の年1回のご利用でクレジットカードの年会費無料になる

といった特典があります。

そのため、Pontaポイントを貯めている、よく活用する、Pontaクレジットカードを保有したいと考えているならば、

  • EneKey(エネキー)+Shell EasyPay(シェル イージーペイ)

のコンビがおすすめです!

新たに契約しなければならない手間はありますが、給油をスマートに済ませるために、2種類のスピード決済ツールを利用できるようにしておくととても便利ですよ!

小さなICキーホルダーですから邪魔になることもなく、スマートキーケースにつけておけば、さっと取り出すことができます。

スピード決済ツールを利用するならスマートキーケースがおすすめ!

  • スマートキーとともにスピード決済ツールをまとめられる
  • いくつものスピード決済ツールを所有している場合でも便利
  • 無機質なスマートキーやスピード決済ツールをおしゃれに収納

スピード決済ツールの収納に『スマートキーケース』を利用する方が増えています。

スマートキーは衝撃によって破損してしまうこともありますので、スマートキーケースに収納しておくようにすることが大切です。

しかもいくつかキーがあったり、スピード決済ツールがある場合には一つにまとめられますので、とても便利で快適になります。

また、おしゃれなデザインのものも多いので、おしゃれのワンポイントになることは間違いありません!

スマートキーやスピード決済ツールを利用するために、スマートキーケースをさっと取りだせば、スマートでカッコいいですよね。

スマートキーケースならやはり本革を

スピード決済ツール装着スマートキーケース
  • 質感が良く、少しずつ経年変化が楽しめる本革がおすすめ
  • 本革なら流行に左右されないシンプルデザインは長く愛用が可能
  • 自分用はもちろんのこと、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれます

車同様にスマートキーケースも長く使い続けることができる本革がおすすめです。

本革は使い続けていると、自分の手に馴染んでくる傾年経過を楽しむことができます、高級感を感じることもできますから高い魅力を感じられるでしょう。

本革のスマートキーケースであれば、かさばらないシンプルデザインになっていますので、さらにスマートさを演出することができます。

しかも本革でも財布などと比べるとリーズナブルな価格になっていますので、手の届く範囲で購入することも可能です。

もちろん自分用として購入するだけでなく、ちょっとしたプレゼントにすれば、もらった方にも喜んでもらえるアイテムになるでしょう。

関連記事一覧

  1. ao

    2021年4月よりDrivePay(ドライブペイ)とShell EasyPay(シェル イージーペイ)の相互乗り入れは実施されております

    • Arima

      コメントありがとう御座います。
      確認をしまして記事を修正致します。
      よろしくお願い致します。