cxcleather CxC Leather シーバイシーレザー ブランドロゴ

CxC Leather(シーバイシーレザー)のスタッフブログ始めました

初めまして。

CxC Leatherの企画を担当している有馬です。

この度、ホームページのリニューアルに伴い、ブログを開設しました。

今後、CxC Leather (シーバイシーレザー) のこと、日常の出来事などを少しずつ紹介していこうと思いますのでお付き合い頂けると嬉しいです。

まずは初回ということで、CxC Leather(シーバイシーレザー)の成り立ちやエピソードを紹介したいと思います。

CxC Leather (シーバイシーレザー) は2016年に滋賀県の一番小さな町で創業しました。

特に産業もない田舎の小さな町です。

有名なものと言えば伊藤忠兵衛さんが生まれた地、丸紅の古川鉄治郎さんが建設された小学校があるぐらいです。

成り立ちは元々職人に技術を学んでいた私の趣味で革小物作りを続けていたところ、妻も製作に興味を持ち、夫婦2人での製作がスタートします。

妻が自分用のスマホケースとして、ヌメ革のぷっくりとしたリボンフラップを取り付けた商品を考案、ハンドメイドサイトで販売をしたのがきっかけで一気に好評を得ることとなりました。

創業当初は手縫い商品でのスタートでした。

そのため、生産数も限られていましたが、ちょうどバッグ製造会社より独立をした友人の助けもあり、ミシン縫製を採用して一気に規模も拡大します。

スマホケースから始まった商品も、財布、ステーショナリー、バッグと拡充し、ブランドとしての第一歩を踏み出します。

小さな目立った産業のない町での物作りでもネットを通じて多くのお客様と繋がれる可能性に驚きと大きな可能性を感じ2017年よりCxC Leatherでの革製品作りを専業としております。

CxC Leather (シーバイシーレザー) では、上質な革の採用、多色展開からの組み合わせ自由での製作を基本としています。

名前の由来も好きなカラーとカラーを組み合わせてオリジナリティのある商品を作るというコンセプトの元に名付けました。

多色展開をしているものの、ネットでの販売の場合は実物や革のサンプルを手に取ることができず、組み合わせの可能性を上手に伝えることができないというのが直近の課題となっていました。

なんとか組み合わせ自由の可能性をより多く伝えることができないかと悩んだ結果、それを解決に導いてくれたのも友人の存在でした。

今回のリニューアルサイトは全て友人の設計です。

組み合わせ自由を最大限に伝えることのできるサイトを作りたいという思いを伝えたところ、やってみよう!とサイト作りが始まりました。

複雑なシステム、無理な要望にも全力で応えてくれた友人には感謝しかありません。

このように振り返ってみると、本当に周りに恵まれて今があると実感をします。

多くの人財に恵まれここに到れたことに感謝をしつつ、これからはより多くのお客様にCxC Leather (シーバイシーレザー) の魅力を伝える努力をしていきます。

紹介というより思い出に近いものになりましたがCxC Leather (シーバイシーレザー) に興味、関心を頂いている方に少しでも共感を持って頂ける内容になっていれば嬉しいです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。