色々な財布

財布の購入や使いはじめによい吉日は?|天赦日・一粒万倍日・寅の日

「財布を買い替えようと思うけど、金運アップの日はいつ?」と疑問に思っていませんか?普段なにげなく使っている財布ですが、いざ買い替えようと思ってもいつにしたらいいのかわかりづらいですよね。実は3つの吉日が合わさった、財布買い替えによい金運アップの日があるんです!

2021年3月31日は「天赦日+一粒万倍日+寅の日」と3つも吉日が合わさったスーパーラッキーデー。

財布を買ったり使いはじめたりするのがピッタリな日なんです。

今回は金運アップのラッキーデーについてくわしくお伝えします。財布を買ってはならない不吉な日も紹介するので最後までご一読ください。

(2021.06.13)
3月31日のスーパーラッキーデーは終了しましたが、まだチャンスはあります。
6月15日は「天赦日+一粒万倍日」で、年間を通して第2位のラッキーデーです!

10%0FFクーポン配信!キャンペーン情報はこちらをクリックください。


3月31日は天赦日+一粒万倍日+寅の日のスーパーラッキーデー


子供の手に四つ葉

古くから日本では吉日を大切にしてきました。お財布を買ったり使いはじめたりするには吉日を選ぶと金運がアップすると言われています。2021年は一度だけ「天赦日+一粒万倍日+寅の日」が重なる、大変よい吉日が3月31日です。

普段がんばっている自分自身のご褒美はもちろん、知人や友人へのプレゼントにも最適です。「一年に一度のスーパーラッキーデーにあなたのために用意しました」などといったエピソードと一緒にプレゼントすればよろこばれるでしょう。


天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)とは


河口湖から観た富士山(桜の風景)

七箇の善日のひとつ天赦日。百神が天に昇り天が万物を赦す(ゆるす)日とされており、暦の中では最上の吉日だと言われています。たとえば結婚・引っ越し・開業などによく、なにをしてもうまくいく日だとされています。

最上の吉日ということから財布を買ったり使いはじめたりするには天赦日が最適だと言えますね。2021年は天赦日が不成就日と重ならないラッキーな年です。


一粒万倍日(いちりゅうまんばいにち・いちりゅうまんばいび)とは


稲穂

ひと粒のタネモミが万倍に実る日として古来より種まきに適した日とされています。なにごとも万倍になることからお財布に入れたお金が万倍になると考えられ、お財布を買ったり使いはじめたりするには縁起がよい日とされているのです。

天赦日と重なれば効果は倍になり、不成就日に重なれば効果は半減するとされています。ものごとをはじめたりするには運気も万倍となる吉日では人気の日です。ただし一粒万倍日に悪いことをすると何倍にもなって返ってくるとされており、借金をすると借金も何倍にもなると言われているのでご注意ください。


寅の日とは


トラの土鈴

十二支のひとつ寅。千里を行って千里を帰る俊足な生き物です。寅の日にお財布を買ったり使いはじめたりすると、お金を持って帰ってくると言われ縁起がよく、金銭に関して吉日とされています。

十二支なので12日ごとに巡ってくる吉日なので仏滅など縁起が悪い日と重なりやすく、吉日どころか大凶日となってしまうので注意が必要です。念のため間違えないようによく確認するとよいでしょう。


財布の買い替えに縁起のよい時期は?


使用済みの財布と新しい財布の比較イメージ

財布を買い替えたり使いはじめたりするのなら、縁起のよい時期にしたいものですよね。というのも金運アップにつながるからです。古くから言い伝えられている買い替え時期には、

  • 春財布
  • 秋財布
  • 締め財布

という言葉があります。それぞれくわしく解説していきますね。


春財布


春は花もほころび新芽が芽吹くはじまりの季節で新しいことの象徴です。さまざまなことが活性化される時期。財布を春に使いはじめると金運も活性化すると言われているのです。財布がパンパンに張る(春)ほど財布にお金が入ってくるといい、縁起物とされています。

さらに今年は3つ吉日「天赦日+一粒万倍日+寅の日」が重なるスーパーラッキーな春でもあります。春財布の時期は新春から4月の終わりまで。新しい財布にするにはまたとない絶好の機会です。


秋財布


秋と言えば実り。食物が実り財をなす季節です。実りにちなんで、財布の中身も実り「実り財布」と言われ財布を新調するにはよいとされています。食物の秋、金運も実り開運アップが期待されます。秋財布の時期は9月の秋分から11月の終わりまで。秋に買う財布は金運が実ると覚えておいて損はなさそうですね。


締め財布


一年の締めくくりとなる12月。最後の月に買うことから締め財布と呼ばれ、財布の口も締まりお金が出ていかないようになると言われています。一年の締めと、財布のひもを締めるとをかけているんですね。お金が出ていかないから金運アップにつながると考えられています。


財布によいとされる素材と形は?


牛革のイメージ画像

財布の素材でおすすめなのは本革。金運を呼ぶとされるのは高級感がある財布とされているからです。本革の素材によっても金運アップの効果が違うのをご存知でしたか?

  • 豚革…お金が循環する・お金が回る
  • 牛革…貯蓄運があがる
  • ヘビ革…お金をうみだす
  • ワニ革…お金をはなさない
  • 羊革…人脈を築く
  • 山羊革…幸運を引き寄せる

財布の形も金運をあげるには重要なポイント。長財布はお金を折らないことから金運によいとされています。


平日に財布を買いに行けないときは?


テレワーク

「天赦日+一粒万倍日+寅の日」と3つの吉日が重なるスーパーラッキーな3月31日は水曜日です。新型コロナウィルス感染症対策からリモートワークが多い現在、平日は仕事で買いに行けないという方もいらっしゃることでしょう。

実は吉日に財布を使い始める日としてもよいですし、買う日としてもよいのです。そして、場所は問いません。百貨店で買ってもいいですし、ネット通販でも問題ありません。ポイントは3月31日に使い始めるか、買うか、です。


財布を買うのにおすすめできない不成就日


なにごともうまくいかず、どんな願いもかなわないとされるのが不成就日。とくに不成就日の日に結婚・開業・引っ越し・契約・命名など、なにかをはじめるにはよくないとされています。不成就日はひと月に4回、1年で48回きます。

吉日と不成就日が重なるとせっかくの運が半減されると言われているので、財布を買い替えたり使いはじめたりする日は、不成就日を避けることが望ましいです。


財布の購入や使いはじめの日が三隣亡と重なったら?


家を建てることに関して大凶とされているのが三隣亡です。三隣亡の日に建てられた家は大火を起こし隣近所三つ隣まで滅ぼすとされています。地鎮祭・上棟式・仮柱・引っ越しや結婚にはよくないとされているのです。

しかし金運には関係ないとされており、財布を買ったり使いはじめたりする日が三隣亡でも気にしなくてよいでしょう。


お財布にまつわる縁起物「御浄銭」と「巳の日」


巳の日は十二支の寅の日同様12日に1度巡ってきます。インドでは弁財天を水の神としており、川からイメージされた蛇を神の使いとしていました。巳の日に弁財天の使いである白蛇に願い事をするとかなうと伝えられています。

日本の銭洗弁財天宇賀福神社は、1185年(文治元年巳年)巳の月巳の日に源頼朝が建てた神社です。人頭蛇身の水神から夢でお告げを受けたからとされています。御浄銭は、銭洗弁財天宇賀福神社に湧き出る霊水で洗ったお金のこと。清められた御浄銭を使うことで万倍にもお金が戻ってくると言われています。


2021年は1日しかないスーパーラッキーデー:まとめ


年に1度の

「天赦日+一粒万倍日+寅の日」と3つの吉日が重なる金運アップの最適な日は3月31日です。今年は1年に1度しかありません。

財布がパンパンに張るほどお金が入るとされる縁起のよい春(張る)財布も重なり、財布を買い替えたり使いはじめたりするには最適の日だと言えるでしょう。

あなたも華やかになる季節に財布を新調してみませんか?

CxC leatherでは、金運アップに役立つアイテムを揃えております。財布のことでお悩みでしたらぜひ一度ご相談ください。お待ちしております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。