3つ折り長財布と手帳型iPhoneケース

同じ色を揃えてこだわりを演出

ファスナーが壊れ、使用不能となったココマイスターの財布
※ファスナーが壊れ、使用不能となったココマイスターの財布

CxC Leather(シーバイシーレザー)スタッフの容代です。

実は私、ココマイスターさんのラウンドファスナー長財布を4年ほど愛用していましたが、ご覧の通り、レシートやカード類でパンパンとなり、ファスナーを一回開けたら最後まで閉まらなくなって、無理に閉めるとチャックが壊れてしまいます。しばらく辛抱して使っていましたが、チャックがスムーズに閉まらないというのはストレスになります。使いづらくて、扱いも厄介になってきたので、主人に前倒しで誕生日プレゼントをおねだりして、3つ折り長財布と手帳型iPhoneケースを買ってもらいました。

CxC Leatherの専売特許リボン

両アイテムとも外見はチャーミングなピンク×黒のリボンで統一しています。

お揃いの革小物を作る際に全く同じデザインにするのもよいですが、あえて一部分だけカラーを変えると、よりオリジナル感が出るのでおすすめです。こちらは外側のデザインとリボンを同じにして、内側のカラーを色違いにしたデザインになります。

重視した点

長財布:大きな収納力、機能性
iPhoneケース:収納力、液晶の保護

素材

外側:ワープロラックス
内側:ブッテーロ

まず、両アイテムを手にしてみるとしっかり吸い付き、次第に心地よい柔らかさが手を包み込んでいきます。その素材はワープロラックス。私も小さな子供が2人いるので、これを聞くと胸が痛みますが…ワープロラックスは生後6か月以内の希少な仔牛の革(カーフスキン)を使っています。なぜ、こんな小さな仔牛の革を使っているのかというと、大人の牛革と比べると、表面の傷がほとんどないため、繊維組織が緻密になっていてきめが細かく薄くて柔らかい革となっており、多くの高級ブランドが採用している高級皮革の1つです。

生後6ヶ月以内の牛革は「カーフスキン」と呼ばれます。
生後1年以内だと「キップスキン」と名前が変わっていくそうです。


3つ折り長財布


CxCとD.I.Y.Plusの協同制作。3つ折り長財布
D.I.Y.PlusのPat.シリーズ

この財布は3つ折り長財布です。弊社と提携させて頂いてるファクトリーショップ・D.I.Y plus のPat.シリーズです。このPatシリーズ、収納力にこだわりを持っていて、財布を広げるとラウンドファスナー長財布よりもボリュームがあります。斬新なアイデアでカードスロットを設けているのが特徴でお会計の際にパッと見れて、パッと取り出しやすい、動線を考えた内装デザインで、お買い物を上手にサポートしてくれるのは、両脇に子供抱える主婦にとってポイント高いですね!このPat.シリーズにCxC Leather(シーバイシーレザー)が誇るワープロラックスとリボンを当て嵌めてもらって、皮革素材の持ち味を活かしたデザインを楽しみながら、どこにも売ってない世界に1つだけの財布が仕上がりました。
ぷっくりしたリボンのついているピンクのお財布ってなかなか見ないと思います。

※カードやポイントカードがどうしても多くなる方へ

※収納力・機能性にはこだわりたい、オーダーメイドにこだわりたい方へ

弊社ではインナーカードでカードスロットを増やすことが可能です。後からちょい足しできるので、クレジットカード類が増えたとしても、困ることがありません。もちろんカラーシミュレーションもできます。


手帳型スマホケース


手帳型スマホケース
手帳型スマホケースの内装

CxC Leather(シーバイシーレザー)のスマホケースは今回で3代目で、機種変更のたびにスマホケースも変更していますが、迷わずに本革スマホケースを選択しています。

【1代目】
皮革:ブッテーロ
Face/back:レッド
Stitch:ホワイト
Interior:レッド
Case:ホワイト

【2代目】
皮革:ワープロラックス
Face:レッド
Belt:トープ
Stitch:レモン
Bracket:ゴールド

【3代目】
皮革:ワープロラックス
Face/back:ピンク
Stitch:ホワイト
Bracket:ゴールド
Ribbon:ブラック
Flap:ピンク
FlapStitch:ホワイト
Interior:ブルー
Case:ブラック


1代目のiPhoneケースは主人にプレゼントしてもらったもので、2つ折りタイプで、ブッテーロのレッドでした。経年変化といって、使えば使うほど革の良さが出るタイプのイタリアンレザーです。数ある皮革の中でもブッテーロはとりわけ変化が大きく、表情を変えていくのが最大の楽しみの一つであると思っています。触り心地はツルリとしており、爪などで傷が付きやすくなりますが、その分、凸凹感のない光沢感のある革は肌触りが心地よいものがあります。
少々デリケートな素材なので、なるべく傷をつけないようにする、というのもありだとは思いますが、私の場合、ブッテーロは頑丈でワイルドな風合いを持つ皮革だと思っているので、傷だらけになりがらも、ガシガシと使っていく方が楽しかったです。

その後、CxC Leatherも商品開発や品質改良を繰り返していて、特にベルトタイプのiPhoneケースは大ヒットとなり、今に至ります。

2代目のiPhoneケースは、機種変更と同時に、即決でベルトタイプのiPhoneケースを注文しました。次は、ドイツのカーフスキン・ワープロラックスです。同じレッドでもブッテーロとは全く雰囲気が変わり、傷に強いタイプの皮革となります。この頃、子供が生まれたばかりで、身の回りのアイテムの扱いが雑になりがちなので、傷がつきにくく、濡れた手もほとんど気にならないワープロラックスは子育てをする主婦層にはよくフィットする皮革だということがよく分かりました。

子供が成長していくにつれ、YouTubeを見ようとスマホを触りたがるので、なるべく自由にさせてあげるのですが、毎日毎日スマホを落とすのです。2人目の子供にいたっては微かに香る皮革が美味しいようで、口にくわえて、いつまでも永遠に齧っている始末。ビックリするくらい道路で派手に落としてきて、液晶画面を傷つけるものだから、液晶画面を守る必要が出てきました。

2代目のiPhoneに罪はないんですが、財布が完全に壊れたのを機に、私の誕生日が近づいていることを口実に、主人におねだりしたところ、まんまと買ってもらえることになりました!
3代目のiPhoneケースはスマホをガッチリと守るために、手帳タイプとしました。iPhoneケースも財布も新調できるので、同じカラーで揃えるという夢が叶いました!こんな贅沢ができるのも誕生日と主人(一応)のおかげです!


2つのアイテムを同じカラーで持ってみて


たくさんのカラーがある中で本当に悩みました。直感と勢いでセレクトして出来上がったのが、とってもチャーミングなピンク!!!!!そこにちょっと色気のあるブラックのリボンで締めてみました。

自分で悩みに悩んで、プレゼントしてくれた主人、そして最高の皮革で、技術を持った職人さんたちが心を込めて作ってくれたアイテムは、私にとって最高の誕生日プレゼントとなりました。

どこにでも売ってるようなアイテムじゃなくて、オーダーメイドとして、自分で悩みながら作り上げていったアイテムほど愛着のあるものはないと思います。色んなアイテムを同じブランドで揃えたくなりますね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。